「セルヒオ・アグエロ」最も過小評価されているストライカー

ストライカーは数字がすべて。最も結果を求められ、結果を残した暁には華やかなお立ち台が用意されているサッカーにおける一番の華形ポジションです。

「THE 点取り屋」を挙げてみろと言われると、ルイス・スアレス(バルセロナ)やレヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)などが浮かびますし、フィルミーノ(リバプール)やエムバペ(PSG)などのニュータイプのCFも髙い評価を得ています。

そんな中で最も過小評価されているストライカーが「セルヒオ・アグエロ」ではないでしょうか。

32歳という年齢ながら、今季プレミアリーグでは16ゴール(※2020年06月29日時点)と衰えを感じさせません。アルゼンチン代表では97試合出場42ゴールを記録しており、あのマラドーナをも上回る記録となっています。(マラドーナ91試合出場34ゴール)

そんなアグエロがマンチェスター・シティで打ち立ててきた功績を振り返りながら、彼の凄さに迫っていきます。

「ゴールハンター・セルヒオ・アグエロ」- プレミアリーグ外国人最多得点記録

まずストライカーの通信簿「ゴール数」ですが、アグエロはプレミアリーグにおける歴代得点数で4位にランクインしています。(※2020年6月29日時点で180ゴール)

これはイングランド以外の外国人選手としては、史上最高の記録です。6位はティエリ・アンリの175ゴール。フランスのレジェンドをも超えたこの記録はしばらく塗り替えられることはないでしょう。

アグエロの契約は来季2021年まで。今季もまだまだ得点を量産し、来季も同じペースでゴールを重ねていけば、1位のシアラーまでは届かないにしても2位のウェイン・ルーニーを超える可能性は十分でしょう。

プレミアリーグ通算得点ランキング

  1. アラン・シアラー (260ゴール)
  2. ウェイン・ルーニー(208ゴール)
  3. アンドリュー・コール(187ゴール)
  4. セルヒオ・アグエロ(180ゴール)
  5. フランク・ランパード(177ゴール)
  6. ティエリ・アンリ(175ゴール)

アグエロがプレミアリーグで過ごした10シーズンのゴール数とアシスト数はこのグラフが示す通りです。年齢に関係なく、コンスタントに20ゴールを取り続けられるタフネス、コンディション能力には脱帽します。

「アグエロの爆発力」- プレミアリーグ最多ハットトリック記録「12」

アグエロの爆発力はプレミアリーグ史上最高です。

彼が残した「12」というハットトリック数は歴代最多得点のアラン・シアラーを上回っています。(シアラーは「11」)

プレミアリーグは出場「257」に対して、総ゴール数は「180」。

1試合あたり「1.42ゴール」という数字も試合に出たら点が取るという期待値があるので驚異ですが、20試合に1試合はハットトリックが生まれるというのもと驚愕の結果です。

「勝利請負人のアグエロ-」ゴールを決めた試合の「83%」を勝利に導く

アグエロはチームを勝利に導くストライカーです。

2012シーズン、プレミアリーグでのキャリアをスタートしたアグエロが2019年シーズンまででゴールを残した「83%」の試合において、マンチェスターシティは勝利を収めています。さらに引き分けも含めると「93%」の試合で負けなしです。

大舞台でも結果を残すのがアグエロです。11/12シーズン、44年ぶりの優勝を決めた一発は世界中のファンを大興奮に巻き込みました。

アグエロはマンチェスターシティの「勝利請負人」と言っても過言ではありません。

アルディオラ監督の指導で広がったセルヒオ・アグエロのプレースタイル

グアルディオラ監督が就任した2016/17シーズン以降は、チームの中で与えられる役割も増えたアグエロ。綿密なゲームモデルと戦術が指揮官から与えられてもインテリジェンスがないと適応することは不可能です。フィニッシャーとしての役割には変わりありませんが、攻撃の形が多彩であるため、ポジショニングも変えなければなりません。プレッシングを始めとする守備のタスクも与えられました。

指揮官からの難解な課題もクリアし、プレースタイルの幅を広げ、新たなスタイルを確立したアグエロは文字通り、攻守全てを兼ね備えたCFとなりました。

CFとしては高さやスピードがある選手ではありませんが、持ち合わせているゴールへの嗅覚、シュート力に加え、戦術理解から得た適切なポジショニング、判断の早さを武器に相手DFの嫌なところでプレーし続けます。今や世界最高のCBとなったファン・ダイク(リバプール)も最もマークしづらい選手として、アグエロの名前を挙げるほどです。

怪我さえなければ来季もアグエロの輝きが失われることはないでしょう。

セルヒオ・アグエロの今後について

アグエロはプレミアリーグ、マンチェスターシティ、どちらにとっても「レジェンド」と呼ぶに相応しい記録を打ち立ててきました。時代とともに変化を遂げ、10年間プレミアリーグの舞台で結果を残し続けてきたアグエロは世界最高のCFであり、最も過小評価されているストライカーではないでしょうか。

そしてアグエロは、スポーツ予想ゲーム『スポクラ』でも人気ドラフト選手の一人です。

プレミアリーグでの彼の活躍を予想してみませんか!?