チャグラル・ソユンクとハリーマグワイアのプレースタイルを徹底比較

2018-19シーズンはレスターの不動のセンターバックとして活躍したハリーマグワイア(マンチェスターユナイテッド)と、2019-20シーズンにその穴を完全に埋めたチャグラル・ソユンク(レスター)。

今季は一体どちらの選手が良いパフォーマンスを見せたのかを比較していきたいと思います!

(スタッツは2019-20シーズンのプレミアリーグ29節終了時点)

Rabona PR

ハリーマグワイアのプロフィール

ハリーマグワイアのプロフィール

名前 ハリー・マグワイア
生年月日 1993年3月5日(27歳)
国籍 イングランド
身長 194cm
体重 100kg
背番号 5
ポジション DF
前所属チーム レスター(プレミアリーグ)
イギリスのシェフィールドで生まれ、地元クラブのシェフィールドユナイテッドでデビュー。その後、ハルシティ、レスターとプレーする場を移します。
特にレスター時代では2017-18シーズンにチームの年間最優秀選手に選ばれるなど大活躍。一気にワールドクラスのセンターバックとなり、2019年にDF史上最高金額の8000万ポンド(約106億円)という大金でマンチェスターユナイテッドに移籍しました。
イングランド代表でも活躍しており、特に2018年のワールドカップでは、準々決勝のスウェーデン戦で代表初ゴールとなる先制ゴールを決め、イングランド代表の勝利に貢献しました。
チャグラル・ソユンクのプロフィール

チャグラル・ソユンクのプロフィール

名前 チャグラル・ソユンク
生年月日 1996年5月23日(22歳)
国籍 トルコ
身長 186cm
体重 82kg
背番号 4
ポジション DF
前所属チーム SCフライブルク(ブンデスリーガ)
2014年にトルコのアルトゥノルドゥFKでデビュー。2年目にはレギュラーに定着し、リーグ戦30試合に出場。2016年にはSCフライブルクに移籍。レギュラーとして昇格初年度のチームを支え、2018年にはレスターに移籍しています。
【全体スタッツ】ハリー・マグワイアは全試合出場!

それではここから両選手のスタッツを見ていきましょう。

チャグラル・ソユンク ハリー・マグワイア
28 出場数 29
28 フル出場数 29
1 ゴール数 1
1 アシスト数 1
4 イエローカード数 4
0 レッドカード数 0
スタッツを見れば分かる通り、両選手ほぼ互角です。特に両選手ともほぼ全試合、ハリー・マグワイアに至ってはここまでリーグ戦全試合フル出場しているという点で、安定感もあり身体も強い、素晴らしいセンターバックだと言えるでしょう。
【攻撃スタッツ】両選手安定感のあるスタッツ
チャグラル・ソユンク ハリー・マグワイア
14 シュート数 26
28.57 枠内シュート率(%) 40.00
1,862
パス数 1,824
89.31 パス成功率(%) 85.14
622 フォワードパス成功数 602
69 バックパス成功数 57

少し差が出てきました。

まずはシュート面ですが、これはハリーマグワイアが量、質共に勝っています。194cmという長身なので、セットプレーでは攻守どちらの場面でも活躍しています。ゴールを決められるディフェンダーは貴重なので、Rabonaをプレイする際にも積極的に選んでいきたい選手です。

Rabona PR

そして配球面ですが、こちらはチャグラル・ソユンクの方が少し優勢。とはいえ、両選手ともパス成功率は80%後半に達しているので、確かな足元の技術を持っていると言えるでしょう。

【守備スタッツ】覚醒したチャグラル・ソユンク

【守備スタッツ】覚醒したチャグラル・ソユンク

チャグラル・ソユンク ハリー・マグワイア
10 クリーンシート数 8
27 失点数 30
17 ブロック数 15
36 インターセプト数 53
49 タックル数 32
33 タックル成功数 20
128 クリア数 132
86 空中戦勝利数 136
スタッツは少しチャグラル・ソユンクの方が上回っています。レスター不動のセンターバックだったハリーマグワイアが抜けた穴を完璧に埋めていると言われるゆえんでしょう。
特に、今季リーグ3位と大躍進を遂げているレスターは、失点数の少なさもリーグ3位。その中心にいるのがチャグラル・ソユンクなので、彼の偉大さが分かるでしょう。
一方、やはりハリー・マグワイアは空中戦に強く、空中戦勝利数は大差がついています。相手のクロスやコーナーキックをここまで弾き返してくれるセンターバックはとても頼もしいですね。
チャグラル・ソユンクとハリー・マグワイアの市場価値

最後に、両選手の現在の市場価値を見てみましょう。

サッカー選手の市場価値を掲載したサイト「transfer market」によると、チャグラル・ソユンクの現在の市場価値は3200万ユーロ(約37億)、一方ハリー・マグワイアの市場価値は5600万ユーロ(約65億)と、市場価値はハリー・マグワイアの方が上です。

これは、チャグラル・ソユンクが今年突如ブレイクを果たしたことと、ハリー・マグワイアはほぼ毎年一定以上のパフォーマンスを出していることによるでしょう。チャグラル・ソユンクにとっては来シーズンもこの調子を維持できるかが勝負となってきそうです。

【徹底比較Winner】チャグラル・ソユンク

両選手共に素晴らしいシーズンを送っていましたが、守備スタッツやパススタッツといった、センターバックで最も重視される所でチャグラル・ソユンクが少し優勢という結論になりました。

ちなみにチャグラル・ソユンクは2018-19シーズンはわずか6試合の出場。完全にハリー・マグワイアの影に隠れており、シーズンが始まる前はレスターファンをハラハラさせていました。ここまでの好成績を残すとは誰が予想できたでしょうか。

そして一方のハリー・マグワイアもまだ加入一年目。しかし冬からはマンチェスターユナイテッドのキャプテンも任されており、ピッチ内外でチームに良い影響を与えている素晴らしい選手です。近年はあまりパッとしない成績が続いているマンチェスターユナイテッド。復権にはハリー・マグワイアの統率力が欠かせないでしょう。

両選手のますますの活躍に期待です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。