マンチェスターU所属メイソン・グリーンウッドの経歴・プレースタイル

未だ10代ながら、今季は公式戦で12得点を叩き出し、ワールドクラスのサッカー選手となる可能性を秘めているメイソン・グリーンウッド。

今回はグリーンウッドのプレースタイルや特徴を、スタッツを元に解説します!

メイソン・グリーンウッドのプロフィール

グリーンウッドのプロフィール

名前 メイソン・グリーンウッド
生年月日 2001年10月1日(18歳)
身長 180cm
体重 70kg
背番号 26
ポジション FW
前所属チーム マンチェスターユナイテッドユース

メイソン・グリーンウッドの経歴

メイソン・グリーンウッドは、6歳の時にマンチェスターユナイテッドのアカデミーに入団しました。幼少の頃よりサッカーの才能は抜群で、地元でのサッカーの試合で1試合に16得点を挙げたこともあったそうです。早くから周りとはレベルが違ったんですね…

 マンチェスターユナイテッドのアカデミーに入団した後も、年代別のカテゴリーを飛び級で昇格し続け、なんと17歳でトップチームの選手としてデビュー。しかも初舞台はUEFAチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦という大舞台でした。いかにグリーンウッドが期待されているか分かるでしょう。

そして18歳の今季はプレミアリーグやUEFAヨーロッパリーグで十分に出場機会を与えられており、トップチームに定着しつつあります。まさに、「神童」です。

メイソン・グリーンウッドの特徴

メイソン・グリーンウッドの特徴は大きく二つあります。

1.両足を両方高いレベルで使える

2.高いシュート精度

です。それぞれみていきましょう。

1. 両足を両方高いレベルで使える

これは、グリーンウッドの大きな特徴としてしばしば語られます。元々は左利きですが、FKやPKも場合によっては右足で蹴ることもあるほど、両足を遜色なく高いレベルで使えます。相手のDFやGKからするととても厄介な存在です。
敵だけではなく味方の選手も驚いているようで、イギリスのタブロイド紙であるデイリーメールによると、チームメイトのルークショーが、「あいつは冗談みたいなやつだよ。右足でフリーキックを蹴ったと思ったら違う日には左足で蹴るんだ!」と驚きながら語っています。

2. 高いシュート精度

二つ目は、高いシュート精度です。これはスタッツによくあらわれているので、今季グリーンウッドがプレミアリーグで出場した試合のスタッツをみてみましょう。

出場試合数 22
ゴール数 5
1ゴールあたりにかかった時間 130分
枠内シュート率
63.16%
シュート成功率 22.73%
パス成功率 83.19%
ビッグチャンスミス数 2

枠内シュート率が60%を超えているのはかなり凄く、同じマンチェスターユナイテッドで今季エースとして活躍したラッシュフォードでさえ枠内シュート率は57.63%と、かなりの差が出ています。

ラッシュフォードの関連記事

また、シュート成功率は同じマンチェスターのライバルであるシティのエース、セルヒオ・アグエロ(シュート成功率22.22%)と同じ水準であり、シュート精度だけであればプレミアリーグでもトップクラスです。

アグエロの関連記事

さらに、UEFAヨーロッパリーグでは7試合で5ゴールという驚異的なペースでゴールを量産しています。
18歳でここまでの完成度は驚異としか言いようがありませんが、一方でゴールパターンがほとんど右サイドからのカットインから左足でシュート、というパターンなので、ゴールパターンの引き出しという点ではまだまだ伸びしろがあります。
マンチェスターユナイテッドのレジェンドとなれるか!?

グリーンウッドに限らず、ラッシュフォードやアンヘル・ゴメスなど、生え抜きの若手の台頭が著しいマンチェスターユナイテッド。

マンチェスターユナイテッドの生え抜きと言えば、ベッカム、ギグス、スコールズなどユース出身の選手が活躍した92年組が思い起こされるかもしれません。

かつての生え抜きのレジェンドのような活躍を夢見ているファンも多いはず。まだまだ課題はありますが、素材は一級品のメイソン・グリーンウッドのこれからに期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。