エヴァ―トン所属のアンドレゴメスの経歴・プレースタイルを解説

2020-21シーズンにハメスロドリゲスやアラン、アブドゥライェドゥクレなど、名選手を獲得したエヴァートンFC。2021年3月26日現在プレミアリーグ8位となっており、リヴァプールやトッテナムらとCL圏内を争っている状態です。そんなエヴァートンFCにはレベルの高い選手が数多く所属しており、中盤エリアで攻守に貢献している選手がアンドレ・ゴメス。ベンフィカやバレンシアで注目を集めると、2016年から2019年にはFCバルセロナに所属していました。アンドレゴメスは両足を巧みに扱え、高いテクニックやフィジカル、運動量を活かして攻守に貢献できる選手です。そんなアンドレ・ゴメスはどんな選手で、これまでにどんなサッカー人生を歩んできたのか、気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは、アンドレ・ゴメスの経歴やプレースタイルについて詳しく解説します。

アンドレゴメスのプロフィール

生年月日 1993年7月30日
国籍 ポルトガル
出身 ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア
身長 188㎝
体重 84㎏
利き足
ポジション MF
背番号 エヴァ―トン:21
ポルトガル代表:15
タイトル タイトルプリメイラリーガ優勝
タッサデポルトガル優勝
タッサデリーガ優勝
スーペルコパデエスパーニャ優勝
コパデルレイ優勝2回
プリメーラディビシオン優勝
UEFA欧州選手権優勝

アンドレゴメスの経歴

両足でボールを扱える高いテクニックを備えたアンドレ・ゴメスは、エヴァートンの中盤エリアを支えている選手の1人です。そんなアンドレ・ゴメスは、これまでにどんなサッカー人生を歩んできたのでしょうか。

ここでは、アンドレ・ゴメスの経歴についてもう少し詳しく解説していきますね。

モウリーニョ率いるFCポルトに憧れて下部組織に所属

アンドレ・ゴメスはポルトガル北部の海沿いにある、ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアで生まれました。

当時名監督のモウリーニョがFCポルトを率いて2003年UEFAカップを制覇すると、翌年にはUEFAチャンピオンズリーグも制覇しています。

その頃子供だったアンドレ・ゴメスはFCポルトのファンになり、サッカー選手を目指すためにFCポルトの下部組織に9歳の頃加入しました。

当時からテクニックに優れていたアンドレ・ゴメスは、FCポルトの下部組織に加入してから順調にカテゴリーを上げていきます。

15歳のときにはチームのキャプテンを務め、中心選手として活躍していました。

しかし、競争率の激しいFCポルトのカテゴリーの中で期待に応えられないパフォーマンスが増えていくと、FCポルトはアンドレ・ゴメスを戦力外にすることを決定。

その後はチームを転々とし、18歳のときにベンフィカのBチームへ入団することになります。

2012年にベンフィカでトップチームデビュー

2011-12シーズンにベンフィカのBチームへ加入したアンドレ・ゴメスは、持ち前の高いテクニックを活かして活躍します。

すると、2012年にベンフィカのトップチームに昇格し、2012年10月のジル・ヴィセンテFC戦でトップチームデビューを飾りました。

デビュー戦で背番号30を背負い1ゴールを記録したアンドレ・ゴメスは、その後トップチームとBチームを行き来する日々が続きます。

2014年4月には古巣となるFCポルトとポルトガル杯の準決勝で対戦し、1ゴールを決めて決勝進出に大きく貢献しました。

今シーズンベンフィカはリーグ戦含む国内3冠を達成し、アンドレ・ゴメスにとっても良い経験を得たシーズンだったでしょう。

バレンシアCFへレンタル移籍で加入

2014年7月になると、ポルトガルからスペインへプレーの場を移し、バレンシアCFにレンタル移籍で加入しました。

同シーズンでアンドレ・ゴメスは、37試合に出場して4ゴールを記録。

バレンシアCFではダビド・シルバも着用していた、背番号21を背負いました。

2014-15シーズンで良いパフォーマンスを披露すると、2015-16シーズンには完全移籍で合意。

アンドレ・ゴメスはリーガ・エスパニョーラのFCバルセロナ戦で高パフォーマンスを披露すると、当時監督を務めていたルイス・エンリケを魅了しました。

その後FCバルセロナへ移籍したのも、同試合の活躍が理由の1つだったでしょう。

FCバルセロナでは挫折を味わう

バレンシアCFで活躍したアンドレ・ゴメスは、2016年7月にスペインの名門FCバルセロナへ移籍しました。

移籍金は3700万ユーロです。

背番号はバレンシアCF時代と同じく、21番を背負っています。

FCバルセロナでのデビュー戦は、2016年8月のスーペルコパ・デ・エスパーニャのセビージャ戦でした。

しかし、FCバルセロナに移籍して以降は思うようなパフォーマンスを披露できず、同シーズンは不調のまま終了してしまいます。

2016-17シーズンは、自身のサッカー人生の中で最も厳しいシーズンとなったのでなないでしょうか。

続く2017-18シーズンには移籍の噂も出ており、ユヴェントスFCから強い関心を寄せられていたものの、移籍は叶わず残留します。

同シーズンは監督がルイス・エンリケからエルネスト・バルベルデに代わったものの、バレンシアCF時代の輝きをなかなか見せられませんでした。

そんな中で、チームメイトのリオネル・メッシがアンドレ・ゴメスの不調なパフォーマンスに対して、「10人で戦っているようだ」と不満を吐露したと報じられています。

その後もFCバルセロナでは実力を発揮できず、アンドレ・ゴメス自身もメンタル面に問題があることを暴露していました。

エヴァ―トンFCでは再び輝気を取り戻す

バルセロナFCで挫折を味わったアンドレゴメスは、2018年8月にプレミアリーグのエヴァートンFCへ1年間のレンタル移籍で加入しました。

移籍金は250万ユーロで、背番号は21番を着用しています。

同シーズンはイドリッサゲイェとともにダブルボランチを形成すると、バルセロナFC時代には見られなかった高パフォーマンスを披露。

監督やサポーターからも称賛されると、2019年6月にはエヴァートンFCへの完全移籍を発表しました。

移籍金は2200万ポンドです。

同シーズンの活躍が期待されていたアンドレ・ゴメスでしたが、2019年11月のトッテナム戦で危険なタックルを受けてしまい、病院へ緊急搬送されます。

診断結果は右足首脱臼骨折で、長期離脱を余儀なくされました。

その後2020年2月におよそ4ヶ月ぶりの実戦復帰を果たし、エヴァートンFCとしても重要な選手として今後の活躍が期待されています。

ポルトガル代表

各年代のポルトガル代表に選出されていたアンドレ・ゴメスは、2014年9月にUEFA EURO 2016の予選でポルトガルフル代表デビューを果たしました。

ポルトガル代表では15番を背負っています。

その後もポルトガル代表に選出されると、EURO2016では大会優勝に貢献。

FIFAコンフェデレーションズカップ2017にも出場したアンドレ・ゴメスでしたが、FCバルセロナで十分な出場機会を得られなかったこともあり、2018 FIFAワールドカップの最終登録メンバーからは外されしまいました。

アンドレゴメスのプレースタイル・特徴

アンドレゴメスはCMFを主戦場とし、DMFやOMFのポジションも対応できます。

能力的にみても、おそらくMFであればどのエリアでもプレー可能なのではないでしょうか。

高いテクニックとフィジカルを活かし、パスやドリブルで多くのチャンスを作り出します。

運動量も豊富な選手なので、1試合通して攻守に貢献できる選手です。

ここでは、アンドレ・ゴメスのプレースタイルや特徴についてもう少し詳しく解説していきますね。

両足を巧みに使ったボールコントロールの上手さ

アンドレ・ゴメスは右利きであるものの、左足も利き足と同じように巧みに扱える選手です。

両足を巧みに使ったボールコントロールが上手く、プレーのバリエーションも多いので、中盤のエリアからさまざまなプレーを選択できます。

身長が188cmと大柄であるものの、懐深くボールをキープできるので、簡単にはボールを失いません。

近年のMFにはとくに、大柄で運動量やパワーがあり、なおかつテクニックのある選手が重宝されているので、アンドレ・ゴメスの存在はエヴァートンFCにとっても大きいものでしょう。

両足から繰り出されるスルーパスやサイドチェンジ

アンドレ・ゴメスは両足同じように扱えるので、右足でも左足でも精度の高いパスを供給できます。

とくに、決定的なチャンスを作り出すスルーパスや、局面を大きく変えるサイドチェンジの精度は魅力的です。

ゲームをコントロールできる能力も平均以上のものを持ち合わせているため、アンドレ・ゴメスがMFにいるだけでチームが安定します。

FCバルセロナではなかなか戦術にフィットしなかったものの、前への意識が強いプレミアリーグにはすぐさまマッチし、エヴァートンFCでも高い評価をされているMFです。

違いを作る前への推進力

アンドレ・ゴメスは前への推進力も持ち合わせています。

近年ではとくに、MFの選手にも推進力を求める監督が多く、中盤エリアで1人2人外せる選手は魅力的です。

アンドレ・ゴメスはテクニックはもちろん、スピードやフィジカル面にも優れているので、前への推進力も1つの武器となっています。

とくに、プレミアリーグは展開が早いリーグなので、アンドレ・ゴメスのように前への推進力で違いを生み出せる選手は、チームに1人は欲しいといえるでしょう。

攻守に貢献できる豊富な運動量

アンドレ・ゴメスはただテクニックに優れた選手というだけでなく、豊富な運動量を活かして攻守に貢献できる選手です。

スピードとフィジカルに優れているので、1試合通してチームに貢献できます。

エヴァートンFCにはハメス・ロドリゲスやリシャルリソン、ギルフィ・シグルドソンなど攻撃に優れた選手が多数いるので、中盤エリアで支えられるアンドレ・ゴメスは重要な存在といえるでしょう。

アンドレ・ゴメスの今後について

エヴァートンFCに移籍してから復活したアンドレゴメスは、大きな怪我を乗り越え今後もエヴァートンFCにとって重要な選手といえるのではないでしょうか。

出場機会が減少したり怪我で離脱したりしたこともあり、ポルトガル代表に選出されていないものの、能力的には十分代表でも活躍できる選手です。

そんなアンドレ・ゴメスの今後について、もう少し詳しく解説していきますね。

エヴァートンFCでさらに重要な存在になれるか

エヴァートンFCではコンスタントに出場機会を得られており、長期離脱後も少しずつ本来のパフォーマンスが見られるようになってきました。

エヴァートンFCにはアランやトム・デイビス、アブドゥライェ・ドゥクレなど、優秀なMFが在籍しています。

ポジション争いは激しいものの、アンドレ・ゴメスはテクニックとフィジカル、運動量なとMFに重要な能力を持ち合わせており、エヴァートンFCにとっても貴重な選手です。

今後さらにパフォーマンスを向上させていければ、絶対的な選手としてエヴァートンFCのMFを支えていく存在になるのではないでしょうか。

ポルトガル代表への復帰が目標

アンドレ・ゴメスは2018 FIFA ワールドカップの登録メンバー23名から外れると、その後もポルトガル代表に定着できていません。

2022年ワールドカップの舞台でプレーするためには、まずはポルトガル代表への復帰が目標となるでしょう。

しかし、怪我による長期離脱も重なり、2021年3月のインターナショナルマッチウィークのメンバーにも選出されませんでした。

決してポルトガル代表復帰への道は簡単ではなく、今後エヴァートンFCで出場機会を増やし、高パフォーマンスを披露できるかが今後の鍵となってくるでしょう。

契約期間が残されており移籍の可能性は低い

アンドレ・ゴメスは2019年にFCバルセロナからエヴァートンFCへ、5年契約で完全移籍しています。

契約期間も残されており、エヴァートンでは出場機会も得られてあるため、今シーズン移籍する可能性は低いでしょう。

しかし、エヴァートンFCには名選手が多数在籍しており、絶対的なレギュラーを勝ち取れているわけではありません。

今後のパフォーマンス次第では、移籍しなければならなくなる可能性もあり得るでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。