トッテナムの注目ハリーウィンクスの経歴やプレースタイルを徹底解説

若くしてイングランドの名門トッテナムのトップチーム昇格を勝ち取ったイングランド出身のハリー・ウィンクスはイングランドプレミアリーグのトッテナムに所属している。ユース年代からトッテナム一筋でその活躍が認められイングランド代表まで上り詰めた。フィジカル自慢の屈強な選手たちが集まるプレミアリーグにおいて、華奢な彼が中盤の底から試合を組み立てるそのスタイルは見るものを魅了する。今回はそんな彼のこれまでのキャリア、プレースタイル、今後について徹底的に迫っていく。

ハリー・ウィンクスのプロフィール

生年月日 1996年2月2日
国籍 イギリス(イングランド)
出身 へメル・ヘムステッド
身長 178㎝
体重 65㎏
利き足
ポジション MF
背番号 トッテナム:8
イングランド代表:8

ハリー・ウィンクスの経歴

トッテナム、イングランド代表で活躍を見せるハリー・ウィンクス。彼はいかにしてトップ選手の仲間入りを果たしたのか。そのキャリアに迫っていく。

トッテナムユースにてその才能を見せつける

1996年 ロンドンの北西38.6㎞に位置するへメル・ヘムステッドで生まれたハリー・ウィンクスは、幼少期よりサッカーを始めるとイングランドの名門、トッテナムのユースチームに加入する。ユースチームでも高いキープ力と攻撃センスをいかんなく発揮し、ユースチームに所属しながらたびたびトップチームの練習に飛び級で参加するなど大きな期待を寄せられていた。

U-18チームではシーズン14ゴールを記録するなどその能力の高さを発揮した。ユースチームでの抜群の存在感と才能を認められると2014年3月リバプール FC戦で初のベンチ入りを果たす。試合出場は叶わなかったものの、当時18歳という若さでのメンバー入りはチームの期待の表れであった。

トッテナムとプロ契約。プロサッカー選手として歩み出す

日に日に評価を高めると、2014 年 7 月には正式にプロ契約をを結び、プロサッカー選手としてのスタートを切る。プロデビュー戦は2014年11月の UEFA ヨーロッパリーグ、セルビアのパルチザン戦。

プロ選手として初の公式戦出場を果たすと、試合中に観客の侵入者の乱入によって約20分間の中断という珍しいトラブルに巻きもまれるも終始落ち着いたプレーを見せ1-0の勝利に貢献した。

2016年8月、プレミアリーグのリヴァプールFC戦クリスティアン・エリクセンとの交代でプレミアリーグデビューを果たすと、当時監督を務めていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏がその才能を高く評価。途中出場などでコンスタントに出場機会を得ていく。

初先発となった2016年11月のウエストハム・ユナイテッド戦では 0-1で迎えた 51 分、味方のDFダニー・ローズが左サイドから攻め上がり、ボックス内のFWフィンセント・ヤンセンにパスを送ると、ヤンセン狙ったシュートは相手GKがブロック。

このこぼれ球にウィンクスが詰め、見事にゴールイン。記念すべき初ゴールは、値千金の同点弾となった。

クラブ初ゴールを決めたウィンクスは、ベンチまで走っていくと恩師ポチェッティーノ氏と熱い抱擁を交わしている。なお、試合はトッテナムが3-2で見事勝利を飾った。

この 2016-17シーズン、トップチームとして 33 試合に出場するなど、飛躍のシーズンであったものの、リーグ終盤の2017年4月バーンリー戦で膝を負傷。シーズン残りの試合の欠場を余儀なくされた。

飛躍の2018-19シーズン

膝の怪我も癒え、迎えた2018-19シーズン。先発出場の機会が増え、主力として地位を確立させる。

エースのハリー・ケインやデレ・アリなど主力の怪我が相次ぎ戦力での不安要素が多くあったが、26試合に出場したハリー・ウィンクスの活躍もあり最終的には 4 位でリーグ戦を終えることに貢献。

また、UEFA チャンピオンズリーグではクラブ至上初の決勝に進出。リヴァプール FCとの決勝戦は、0-2で敗れてしまうも、この試合にも先発出場し、ヨーロッパ最高の舞台を経験した。

以降、恩師であるマウリシオ・ポチェッティーノが解任され、ジョゼ・モウリーニョが新たに監督に就任するなどチームとしての改革もあったものの継続的に試合に出場。チームの中盤に欠かせない選手として日に日に存在感を増している。

イングランド代表でも欠かせない選手へ

イングランド代表としてU-17チームから継続的にユースの代表に選出され続けると、2017年10月にイングランド代表のトップチームに初招集。10月8日にはリトアニア代表との試合で先発出場し、代表デビューを飾ると、1-0の勝利に貢献。マン・オブザ・マッチに選出された。

リーグ戦で負傷した膝の怪我により、2018年ワールドカップの出場は逃してしまうが、復帰後は継続的に代表召集を受け、イングランド代表の中盤においても欠かせない選手となっている。

ハリーウィンクスのプレースタイル・特徴

プレミアリーグというレベルの高い環境で彼はなぜ活躍ができるのか。その理由は、彼のプレースタイルの4つの特徴によるものだった。

相手のプレスを無力化する抜群のボールキープ

ハリー・ウィンクスの特徴の一つに高いボールキープ能力がある。

プレミアリーグといえば伝統的に屈強なフィジカルを持った選手たちが多くいるリーグであるものの、決し体格に恵まれているわけではない彼は、正確で細かいボールタッチや高いアジリティー能力を生かした素早いターンなどで相手のプレスを手玉にとる。

そのプレースタイルはスペインのアンドレス・イニエスタに例えられることが多く、プレミアリーグの中盤の選手において稀有な存在なのだ。

チームの舵を切る!中盤の底から正確なビルドアップ

ビルドアップ能力にも定評があり、中盤の底から、長短のパスを操り試合をコントロールする。

両サイドにスペースができたのを確認すると、正確なフィードでソン・フンミンやベルフワインといったスピードのある選手へパスを供給。一気にチャンスを演出する。

また、前線で待ち構えるハリー・ケインへ鋭いグラウンダーのパスを通し攻撃のスイッチを入れるなどチームの心臓として活躍する。

どんな相手にも果敢に挑む魂の守備

攻撃だけでなく、守備での貢献も高い。体格では劣るものの屈強な選手へ果敢にプレスをかける姿は、気迫に溢れ相手チームの脅威となり、味方には大きなエネルギーを与える。

また、単にプレスを仕掛けるだけではなく、トラップの瞬間やドリブルの隙など相手選手とボールが一瞬離れた瞬間を見逃さず、巧みに体を入れボールを奪うなど技術面でも優れている。

卓越したサッカーIQ の高さ

上記でも記述したように、ビルドアップ能力と守備の巧みさ。
この2つの特徴をもった彼は、巧みにボールを奪うと素早く前線へ正確なパスを供給することができ、彼がボールを奪うと守備から攻撃への切り替えがスムーズに行われ前線に重心のかかった相手チームの守備は手薄なことから一気に得点チャンスが生まれる。カウンターの起点となれる存在なのだ。

ハリーウィンクスの今後について

トッテナムでの若手としてのキャリアを終えようとしているハリー・ウィンクス。そんな彼の今後はどのようなキャリアとなるのか。

トッテナムでの今後 さらなる高みへ

キャリアも中堅へ差し掛かりトッテナムの今後を担う存在として期待されているハリー・ウィンクスだが、さらに上のレベルの選手へ到達するには、 2つの要素が必要である。

1 つは、怪我耐性。

ハリー・ウィンクスは、膝の負傷で戦線離脱を余儀なくされたほかにも足首の負傷に悩まされている。幸い今まで大きな怪我とはなっていないものの、足首は一度痛めると癖になってしまうことが多く、非常にデリケートな箇所だ。

クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシなど、世界最高の選手と称えられている選手はその成績もさることながら負傷による離脱が極端に少ないことが 1 つの特徴となっている。

ハリー・ウィンクスも常にコンディションを最高の状態にし、負傷による欠場を減らし、毎試合、チームを勝利に導く活躍を期待したい。

2 つ目は、得点だ。

チームでの役割上、自身の得点を常に求められているわけではないが、現状のトッテナムはハリー・ケインやソン・フンミンの得点に依存している現状にある。

そんな中、ハリー・ウィンクスがタイミングを見てゴール前に入り、得点を狙ったり中盤から強烈なミドルシュートを決めることが出来れば、彼自身だけでなく、トッテナムとしても大きな武器になるのだ。

また、ユースチームからトッテナム 1 筋である彼はまだ、クラブとしてのタイトル獲得に至っていない。近年と比較しても戦力的に十分な布陣である今後数年のうちにチームをタイトルに導くことが出来れば、自身の評価をさらに上げる事にもつながることからその活躍に期待したい。

イングランド代表としてチームを栄光に導けるか

怪我により 2018年ワールドカップ出場を逃したためイングランド代表としての主要な大会の経験がないハリー・ウィンクスだが、初の大舞台 EURO2020 での活躍を期待されている。

新型コロナウイルスにより 2021年6月開催予定へ延期になったが、イングランド代表は、フィリップフォーデンやジェイドサンチョといった勢いのある若手選手に加えジョーダン・ヘンダーソンといったベテラン選手の融合がうまく合致し、非常に魅力的なチームである。

熾烈なメンバー争いもあり、スタメン確約には至ってないものの、前線に優秀なアタッカーを多数有するイングランド代表において、ゲームのコントロール能力に長けた彼は貴重な戦力になるに違いない。

イングランド代表として初のタイトル獲得に手が届くのか、注目したい。

 移籍の噂

2021年2月現在、直近の試合で先発出場の機会を減らしつつあるハリーウィンクスは、2021年冬の移籍市場でレンタル移籍の噂があった。スペインのバレンシアが候補として挙げられていたものの正式な契約には至らなかった。

2021年のEUROヨーロッパ選手権への出場を熱望していることから出場機会を求めての移籍も考えられたもののトッテナムに留まっている。

まとめ

今回はトッテナム、イングランド代表としても大きな期待を背負うハリーウィンクスについてそのキャリアとプレースタイル、彼の今後について迫ってきた。

下部組織からトッテナム一筋の彼は、さらなるレベルアップを遂げてチームのレジェンド、バンディエラとなれるのか、またイングランド代表を栄光へ導けるのか、彼の今後にますます目が離せない。