獅子奮迅の若きDFマスタールベン・ディアスのプレースタイルに迫る

ポルトガル代表にとってもマンチェスターシティにとっても必要不可欠な選手が現れました。最終ラインで声をだし鼓舞し統率する若きリーダーです。フィジカルの強さだけでなく怪我も少なくインテリジェンスまで持ち合わせています。ペップが獲得したDFの中で最高の補強になりました。ポルトガル代表も求めていた人材です。若きシティのデェフェンスマイスタールベン・ディアスを紹介いたします。

ルベン・ディアスのプロフィール

 

生年月日 1997年5月14日
国籍 ポルトガル
出身 アマド―ラ
身長 186㎝
体重 83㎏
利き足
ポジション DF
背番号 マンチェスターシティ:3
ポルトガル代表:13
タイトル ベンフィカ スーペルタッサ・デ・ポルトガル;2017年
プリメイラ・リーガ:2017-2018
ポルトガル代表:UEFAネーションリ―グ:2018-2019

ルベン・ディアスの経歴

ルベン・ディアスはサッカーエリートとしてポルトガルで名を馳せます。彼の飽くなき向上心が物語っています。今シーズンマンチェスターシティで大活躍の彼の経歴をたどっていきましょう!

サッカーの町リスボンで育つ幼少期

1997年ポルトガルで誕生。

リスボンの北で育ち、当然すぐサッカーを覚えます。

リスボンの近くなので比較的中流家庭でした。

彼は9歳の時クラブチームエストレラダアマでサッカーキャリアがはじまりました。

当初はなんとFWであった、彼の本質が見えてきます。

その後攻撃的なセンターバックになっていきました。

プロ生活のスタートを切ったSLベンフィカ

2008年にSLベンフィカの下部組織に加入しました。

2015年にリーガプロに初出場し、2部リーグデビュー。その2年後、2017年トップチーム及びプリメイラ・リーガデビューを果たしました。

2017-18シーズンからトップチームに昇格すると、十代にして主軸を担い、1年目からリーグ戦24試合に出場。

このシーズンのプリメイラ・リーガにおける最優秀若手選手賞を受賞しました。

2018-19シーズンにはベンフィカのトップチームでも完全に主軸としてプレー。

リーグ戦32試合で3ゴールの記録を残して、プリメイラ・リーガの優勝に多大に活躍。

さらに2019-20シーズンにも主軸に活躍し、リーグの年間ベストイレブンに選ばれました。

 マンチェスターシティに。イングランドへスカイブルーに袖を通す

2020年9月、ベンフィカから6800万ユーロ(約88億円)の移籍金でマンチェスター・シティFC移籍が決定。

同時に1500万ユーロの移籍金でニコラス・オタメンディの移籍を発表し、実質トレードの形となりました。

ペップ・グアルディオラ監督はマンチェスター・シティの守備にどうしても核となる選手が欲しかったのでしょう。

ディフェンス改革としてやってきたのがルベン・ディアス。

ルベン・ディアスはベンフィカFCから6200万ポンド(約86億8000万円)で加入してから26試合に出場している。

マンチェスターシティは今やプレミアリーグの首位になり、リーグ最少失点。ルベン・ディアス移籍以降、すべての大会で20のクリーンシートを達成しています。

公式戦13連勝、リーグ戦9連勝と、クラブはついに優勝を射程圏内に捉えています。

ペップ・グアルディオラはルベン・ディアスのリーダーシップを高評価。まさにバンサン・コンパニの後継者の発掘といえます。

ポルトガル代表で主軸へ

ルベン・ディアスは、ポルトガルのU-16代表から常にアンダー年代の主力を担ってきたエリート。

ポルトガル各年代の代表チームでプレーし、U-20ワールドカップでもキャプテンを務めていました。

そして、2018年5月にデビューしたポルトガルのフル代表でも定位置を確保した若き才能。

ポルトガル代表でもルベン・ディアスはあらゆる先輩に指導してもらい、成長の糧としています。

DFの同じポジションで、経験豊富なペペ、ブルーノ・アウベスはもちろんのこと、想像しがたいかもしれないがルベン・ディアスはC・ロナウドをメンターとして尊敬しています。

素晴らしい選手でいようとするハングリー精神や体のケアに余念がないことがルベン・ディアスの感覚と一致。5度のバロンドール受賞者であるC・ロナウドは、ルベン・ディアスのプレースタイルとは地球の端から端までほどかけ離れているが、それでも稀代のスーパースターから様々なことを学んでいたのです。

そして、高齢化したDFのポルトガル代表に光がさしています。もはやルベン・ディアスはポルトガル代表でも主軸といって間違いないでしょう。

ルベン・ディアスのプレースタイル・特徴

サッカーの賢さと対人の強さを生かしたプレーが特徴的なルベン・ディアス。

身体を投げ出すデェフェンス

非常にインテリジェンスと闘志を持ち合わせたプレイヤーです。

カバーリングやコーチングでボールを奪える選手であります。

しかし、危ないシーンであると体を投げ出してまで守備をできる選手です。いわゆる泥臭いプレーですね。

彼はスカイブルーのユニフォームを汚せることができる選手です。1試合に1回はシュートブロックに身体をなげだしているのではないでしょうか。

ルベン・ディアスの体を張ったプレーは、周りの選手を鼓舞するに十分すぎるプレーであります。

リーダーシップの面でのコンパニの後継者

この23歳はDF陣の中心で堅い守りを見せるだけでなく、リーダーシップと統率力を如何なく発揮している。

キャプテンを務めていたヴァンサン・コンパニが去って以来、クラブが本当に必要なピースを取り戻した。

今シーズン入ったばかりの選手がこれほどの影響力を持つのはリバプールのファンダイク以来ではないであろうか。

フィジカルと読みを併せ持つ対人の強さ

フィジカルとスピードを併せ持っており、地上戦と空中戦のいずれでも強みを発揮する。スピード型というよりは読みとコーチングにたけています。

相手のセットプレーやクロスボール、シュートなどの際、自陣ボックス内でのディフェンダーの対応は非常に難しいものです。

しかし、ルベン・ディアスは相手のチャンスシーンを落ち着いて防いでおり、ボックス内での対応が上手い選手です。セットプレーやクロスボールの際は持ち前の高さを活かしてボールをはじき返します。

プレイ面でもチームトップのクリア数(53回)や同2位となる空中戦勝利数(39回)を記録し、チームの守備を盛り立てるルベン・ディアス。(2021年2月時点)

若さに似合わないインテリジェンス

彼の賢さは語らずにはいられません。

ポルトガル人選手には、若くして国外移籍などを経験した特別な場合を除いて英語を話せる選手は少ない。

ポルトガルリーグにやってくる外国籍選手もブラジル人選手が大半で、他はスペイン語を母語とする南米人選手が中心です。

ポルトガル語のみで十分活躍できる環境です。このような環境にも関わらず、ルベン・ディアスはイングランド加入前からしっかりとした英語を身につけていたのです。

最初から周囲との意思疎通に壁がなく、ピッチ内外でしっかりとコミュニケーションを取れる事は彼のプレイヤーとしての特徴をさらに活かしているでしょう。

英語とスペイン語を話せるとほとんどの地域カバーできますね。

ルベン・ディアスの今後について

これからは明るい未来が待っているルベン・ディアス。マンチェスターシティとポルトガル代表での今後についてまとめてみました。まだ若い彼の今後に期待です。

マンチェスター・シティについて

1年目でこれほど影響力を持つとは誰も思わなかったでしょう。

まだタイトルは獲得していないが、グアルディオラ監督は、ルベン・ディアス獲得の効果を実感している。

「向こう5~7年間を担う素晴らしい選手と契約することができたと確信したよ。簡単には見つからないレベルの選手だ。」

ルベン・ディアスの追い求めるのは常に勝利です。

今絶好調のチームを統率しているだけでなく、今後も長くシティで活躍を続け、ゆくゆくはバンサン・コンパニを超えるクラブレジェンドになっていてもおかしくない。

伸びしろは無限である。

また、昨年までの主軸フランス代表のラポルトとの共演もどうなっていくか楽しみです。

ジョン・ストーンズとのコンビは今シーズン鉄壁です。

この3者のポジション争いは非常に興味深い。しかし、ルベン・ディアスが主軸なのは間違いないであろう。

ポルトガル代表について

今現在ポルトガル代表でレギュラーを勝ち取っている。守備は高齢化のなかにやっとでてきたルベン・ディアスです。

ポルトガル代表で相方のDFぺぺは、『トリビュナ・エクスプレッソ』で最近公開されたインタビューのなかで、ルベン・ディアスについて「すでに世界最高のポルトガル人センターバックになっている」と述べたうえで「とても、とても、とても賢い。サッカー選手の質という意味を除いても、彼はスーパーマンだ」と称賛した。

年齢を重ねれば、クラブと代表チームのいずれでも、さらに統率力が際立つリーダーとなっていくだろう。

ポルトガル代表のセンターバックとしての未来は約束されている。ここ10年は安心できるでしょう。

しかし、課題はルベン・ディアスの相方。ルベン・ディアスが守備を統率していることは、まぎれもない事実のため、それに見合う相方がはやく現れてほしいです。

EURO2020はチャンピオンとしてC・ロナウドはもちろんのこと、ブルーノフェルンナンデス、ベルナルド・シルバ、J・フェニックス素晴らしい選手たちが集まっています。間違いなくW杯優勝候補でしょう。

移籍などの情報

マンチェスターシティに移籍したばかりなので今のところ移籍の噂はありません。

ルベン・ディアスのメンターはC・ロナウドなのでもしかしたらレアルマドリ―にむかうかもしれません。

今後、シティでワールドクラスになっていくかがカギである。次の契約更新の時どこかが手をあげているか楽しみでしかない。