チェルシーの伝説「ランパード」が魅せる監督としての手腕

サッカーを少し知っている方であれば「ランパード」という名前を聞いたことがない人はいないでしょう。

イングランドでも、チェルシーでもレジェンドとして讃えられるように、彼がサッカー選手として残してきた功績は感嘆のため息がでるほどです。

そんなレジェンドが現在、監督としてチェルシーを指揮しています。よく「選手としての優秀と監督としての優秀は違う」という言葉を耳にしますが、彼の監督としての手腕はどうなのでしょうか。

まだ就任一年目ですが、彼の活躍に迫っていきたいと思います。

補強禁止処分からのシーズンスタート

まず就任早々、彼を迎えた試練はFIFAからの「補強禁止処分」でした。

昨シーズンまでチェルシーを牽引したエース 「アザール」もレアルマドリードへ移籍、守備の要「ダビド・ルイス」もアーセナルへ電撃移籍し、控えめに言っても良い状況ではないスタートを切りました。

現在、プレミアリーグ4位と大健闘

ところが蓋を開けてみると、チェルシーは、現在プレミアリーグ4位と好位置につけています。

ゴール数はリーグ4位の「41」、シュート数はリーグ2位の「400」、パス本数もリーグ3位の「14,362」と各種スタッツも好調です。

パス本数がリーグ3位ということは、繋いでボールを持つチームです。

ところがタックル数は上位4チームの中で、圧倒的1位となる「420」を記録しています。

ランパードの「鉄人」というプレースタイルが、チェルシーというチーム全体に反映されたかのような数字です。

ユース出身選手が大活躍

もちろん、外部からの補強筋処分を受けたので、補強は内部で行う必要がありますが、彼が抜擢したユース出身の選手達はトップチームで大活躍しています。

ランパード監督が「9番」を託したタミー・エイブラハムは、リーグ得点ランキング6位の「16ゴール」で大ブレイク中。

そしてランパードが監督してのファーストキャリアを務めた、ダービー・カウンティに自身と共に連れ行ったメイソン・マウントは全24試合に出場し、5ゴール・3アシストと確かな結果を残しています。

更に、メイソン・マウントのプレースタイルは現役時代のランパードそのもの。ボックス・トゥ・ボックスに走りながら攻守に奔走する姿勢を見たら、ランパードが惚れ込むのも納得できます。

10月には月間最優秀監督を受賞。補強解禁後のリーグ後半戦の行方は?

リーグ3連勝を成し遂げた2019年10月にランパードは月間最優秀監督勝を受賞しています。
そして迎えるリーグ後半戦。補強禁止が解禁になり、移籍マーケットにも進出しだします。
ライバルであるクロップ監督(リバプール)やグアルディオラ監督(マンチェスターシティ)も絶賛するその手腕は、今シーズンをどのように締めくくることができるのでしょうか。
Rabonaで、ランパード率いるチェルシーの活躍を予想しながら、リーグ後半戦を楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。