リヴァプールが誇るモハメド・サラーの経歴・プレースタイルを解説

今やその人気はエジプトをだけにとどまらず世界中のサッカーファンから愛されるモハメド・サラー。モーという愛称で親しまれている彼がエジプト大統領選でまさかの2位をマーク。大活躍中のサラーだが実はリヴァプール入団前はあまり良い評価はされていなかった。そんな彼の経歴や強さの秘密を暴くとともにスペインリーグ移籍への真相を探る。果たして今年こそは彼のバロンドール受賞の姿が見れるのか。

モハメド・サラーのプロフィール

生年月日 1992年6月15日
国籍 エジプト
年齢 28歳
出身 エジプト・バスユーン
身長 175cm
体重 71kg
利き足
ポジション FW
背番号 リヴァプール:11
エジプト代表:10
タイトル (クラブ)
スーパーリーグ:2012/13
プレミアリーグ: 2014/15
フットボールリーグカップ: 2014/15
UEFAチャンピオンズリーグ: 2018/19
UEFAスーパーカップ:2019
FIFAクラブワールドカップ:2019
プレミアリーグ : 2019/20
(個人)
UAFAゴールデンボーイ: 2012
CAF最優秀若手選手: 2012
スイス・スーパーリーグ最優秀選手: 2013
El Heddafアラブ年間最優秀選手: 2013
ローマシーズン最優秀選手: 2015/16
グローブ・サッカーアワーズ アラブ年間最優秀選手: 2016
CAFチーム・オブ・ザ・イヤー: 2016, 2017
アフリカネイションズカ・ベスト18: 2017
プレミアリーグ月間最優秀選手: 2017.11, 2018.2, 2018.3
BBCアフリカ年間最優秀サッカー選手賞: 2017
アフリカ年間最優秀選手賞: 2017
アラブ年間最優秀選手: 2017
PFAプレミアリーグ年間最優秀チーム賞: 2018
PFA年間最優秀選手賞: 2018
FWA年間最優秀選手賞: 2018
PFAファン選出年間最優秀選手賞 2017/18
プレミアリーグ最優秀選手賞: 2018
プレミアリーグ得点王: 2017-18, 2018/19
FIFAプスカシュ賞: 2018
FIFAクラブワールドカップ最優秀選手賞:2019
IFAクラブワールドカップ最優秀選手賞:2019

またサラーは”モー”という愛称でも親しまれており、その絶大な人気故にエジプト大統領選で数多くの票を獲得し、対立候補であるムサ・モスタファ・ムサ氏を上回ってしまったという逸話がある。もちろんその投票用紙にサラーの名前を書く欄はなかったが、彼の人気ぶりを示すユーモラスな話であることに間違いはない。

モハメド・サラーの経歴

サラーのサッカー人生は、順風満帆でなかった。

サラーの幼少期・プロ入り前

サラーがサッカーと出会ったのは9歳の頃。彼の家族はスポーツ一家であり、サラーは類稀なる素質を持ち合わせていた。14歳になる頃車で2時間以上かけてエジプトの首都であるカイロへ練習に向かった。朝早くから日が沈む頃までサッカーに没頭し、その生活を2年半続けた。サラーにとってサッカーが出来ることはこの上ない幸せだった。

FCバーゼル時代

そんなサラーに転機が訪れたのが2010年。エジプト1部リーグに所属しているアラブ・コントラクターズSC入団が決定し、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。その後順調に成果を上げたサラーは2012年、スイスのFCバーゼルに移籍。加入当初からバーゼルの攻撃陣の一人として活躍した。

チェルシーFC時代

そして2014年1月23日、プレミア・リーグの名門チェルシーFCとのクラブ間合意が発表され、26日には5年半契約が締結され、サラーはチェルシー初のエジプト人選手となった。同年3月22日のアーセナル戦でオスカルと交代し、チェルシーでの初得点をあげた。しかしチェルシーでは2シーズン19試合に出場し、わずか2得点だけだった。

ASローマ時代

翌年の2015年にフィオレンティーナにレンタル移籍したサラーは7試合出場で6得点1アシストをマーク。そして2015-2016開幕前にASローマに買い取りオプション付きで加入。ローマ加入後はレギュラーとしてチームの勝利に大きく貢献した。2015-2016シーズンでは全42試合に出場。チームトップの15得点6アシストを記録し、ローマの最優秀選手にも選ばれた。2016年8月3日にはローマへ完全移籍を果たすと、2016-2017シーズンでは全41試合に出場し、19得点の快進撃を見せた。

名門リヴァプールへ

そして翌シーズン開幕前の2017年6月22日、ついにサラーはリヴァプールFCとの長期契約を結んだことが発表された。移籍金は4200万ユーロ、日本円でおよそ53億2000万円だ。リヴァプール加入後もサラーの快進撃は止まらず、デビュー戦となった第1節ワトフォード戦で初ゴールを挙げた。

セルヒオ・ラモスとの危険なマッチアップ

2017-2018シーズンCLの決勝レアル・マドリー戦で順調に思われたサラーに悲劇が起こる。レアル陣地へ果敢に攻めるサラーにマドリードDFセルヒオ・ラモスが危険なプレーを行使。サラーは左肩を強打し、負傷退場を余儀なくされた。これに対し当時のサラーの戦友であったロブレンが激怒。サラー退場後の展開はマドリー優勢の試合運びとなり、悔しい結果となった。

ただ翌年の2018-2019シーズンでは激闘の数々の末、リヴァプールはチャンピオンズリーグ優勝を果たしている。

クロップ監督の評価

リヴァプールの好調はサラーが支えているといっても過言ではない。彼のスタッツは凄まじいもので、3年間で150試合に出場し、94ゴール36アシストをマークしている。そんなサラーについてリヴァプール現監督のユルゲン・クロップは大絶賛している。

サラーの代表歴

サラーはエジプト代表としても各年代でプレーしており、2011年9月3日のシエラオレネ戦でフル代表デビュー、2012年にはロンドンオリンピックに参加し、3ゴールをマークしている。しかし2018FIFAワールドカップでは、初戦のウルグアイ戦にCLでの怪我の影響で欠場。第3戦のサウジアラビア戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるも、チームは敗北。エジプトは一次リーグ敗退に終わった。

モハメド・サラーのプレースタイル・特徴

サラーのプレースタイルについて、広く、深く述べていく。

相手DFを置き去りにする圧倒的なスピード

サラーの特徴といえばやはり爆発的なスピードだろう。一度トップスピードに乗ってしまった彼をそう簡単に止めることはできない。相手DFはいとも簡単に突破されゴール前までボールを運び、そのまま得点という流れが非常に多い。

繊細なボールタッチで相手を翻弄

細かなボールタッチを持ち合わせており、苦しい状況でも相手DFを翻弄してチャンスを作り出すことが可能な選手だ。

いかなる時も得点のチャンスを逃さないゴールの嗅覚

オフ・ザ・ボールでもサラーは真価を発揮する。CFであるフィルミノが「タメ」を作っている間に相手DFをうまく剥がし、有利な位置でボールを受けたり、スペースを作りそこへタイミング良く飛び出しチャンスを演出する。リヴァプールの両ウィングとも圧倒的なスピードを兼ね備えており、高い攻撃力のある選手であるため、一度飛び出されてしまうと相手DFは到底追いつくことは出来ない。

陰ながらチームを支える献身的な守備

サラーは守備も怠らない。攻撃力のある優れた選手は守備をしなくても許される傾向にあるが、サラーはしっかりと自陣の深い位置まで戻って守備に貢献するシーンがよく見られる。また前線からプレスをかけることで相手に圧力をかけ、DFでのミスを誘発したり、簡単に攻撃の準備をさせない。またゲーゲンプレスと呼ばれる戦術を起用しているリヴァプール。自分のチームがボールをロストした時、敵のカウンターに備えてかけることを指す。あえてボールを失いやすい状況を作り、ボールを奪われた際、数秒以内に取り返し、前がかりになった隙を突き、一気に崩しにかかる戦術である。

 

凄まじい決定力の高さ

サラーが余すことなくピッチ上で発揮するスピードや技術力が彼が得点王の座に就いたことを物語っている。加えてその決定力も凄まじく、大胆なゴラッソもさることながら、ゴールに流し込む冷静さも持ち合わせている。彼の能力を遺憾無く発揮し続ければまた得点王に輝く彼の勇姿を目の当たりにする日も近いだろう。

モハメド・サラーの今後について

これから、サラーにどんなことが期待できるのか。

サラーに期待される今後の活躍

モハメド・サラーはリヴァプールの顔と言っても差し支えないほど数々の功績をリヴァプールにもたらしてきた。また今後もリヴァプールの攻撃陣の代表として相手チームのゴールネットを幾度となく揺らすだろう。数多くのタイトルを獲得しているサラーだがまだあの名誉ある賞を受賞できていない。そう「バロンドール」だ。これまでリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドといった伝説的な選手が受賞している「バロンドール」だがサラーにも一度「バロンドール」の有力候補になったことがある。惜しくも受賞には至らなかったが、彼の活躍ぶりを見ればそう遠くない将来、授賞式に足を運ぶ彼の姿が見れるはずだ。

エジプト代表へOA枠での招集

エジプトの五輪代表指揮官がエジプトA代表の絶対的エースであるサラーをオーバーエイジ(OA)枠で招集するかもしれないと地元メディアが報じている。そうなれば日本の国立競技場に立つ世界屈指のFWの姿が生で見られるかもしれない。ただリヴァプールのスケジュールはなかなかにハードなため実現困難だと報じられている。

移籍の噂

クロップ監督が招いた一つの選択が原因でサラーは不満を抱いているようだ。その選択とは2020年12月9日に行われた試合で、サラーがキャプテンを任されなかったこというものだ。サラーは「それは監督の決断である」と受け入れた上で、バルセロナやレアル・マドリードへの移籍の可能性についても否定していた。