ギニアの逸材、ナビ・ケイタのプレースタイルをスタッツを解説

2020年1月、南野拓実選手がザルツブルグからリバプールへと移籍しましたが、ザルツブルグ出身でリバプールに所属している選手は他にも数人います。今回はその中でも、当時リバプール最高額の移籍金でリバプールにやってきた逸材、ナビ・ケイタについて紹介しようと思います。

ナビ・ケイタのプロフィール

名前 ナビ・ケイタ
生年月日 1995年2月10日(25歳)
国籍 ギニア
身長 172cm
体重 64kg
ポジション MF
背番号 8
前所属チーム RBライプツィヒ

ナビ・ケイタの経歴

ギニア出身のナビ・ケイタは、17歳まで地元のクラブに所属していましたが、2012年にフランスに渡り、2013年にリーグ・ドゥのFCイストルでプロデビューを飾ります。若干18歳ながらリーグ戦に23試合出場して4ゴール9アシストを挙げ、一躍若手の注目株になりました。

そんなナビ・ケイタに注目したのがザルツブルグ 。若手の発掘と育成に定評があるクラブに見出され、2014年にザルツブルグに移籍します。ちなみにこの時、後にリバプールでチームメイトとなるサディオ・マネや南野拓実とチームメイトでした。ザルツブルグでのケイタの活躍は圧巻で、まさに攻守の中心でした。2年間在籍してリーグ戦59試合出場、17ゴール10アシストという数字がそのすごさを物語っています。その活躍が評価され2016年にはドイツブンデスリーガのRBライプツィヒへの移籍が決定。移籍金は当時クラブ史上最高額を更新する1500万ユーロでした。ライプツィヒでも移籍一年目から司令塔として君臨。リーグ戦8ゴール8アシストという圧倒的なスタッツで昇格組のライプツィヒの準優勝に大きく貢献しました。

この活躍により一気にビッグクラブの注目株になったナビ・ケイタは、2017年に翌年からリバプールに加入することが決定。移籍金は当時クラブ最高額の5275万ポンド(約68億)。これは現在リバプールのエースとして活躍しているモハメド・サラーより高い金額です。そして背番号は、かつてあのスティーブン・ジェラードがつけた8番。いかにナビ・ケイタへの期待が大きいかが分かるでしょう。

こうしてアフリカはギニアのユースチームに所属していた少年は瞬く間にビッグクラブへの階段を登って行きました。

ナビ・ケイタのプレースタイルを解説!

さてここからはナビ・ケイタのプレースタイルや特徴をスタッツを元に解説していきましょう。

ナビケイタの特徴は主に二つあります。

①攻撃面の万能性

②プレミア最高峰のボランチと比較されるボール奪取能力

それでは一つずつ見ていきましょう。

①攻撃面の万能性

ナビ・ケイタのプレーを見ると万能性を感じざるを得ません。
狭いスペースでも突破出来る足元の技術や、フィニッシュワークの精度の高さなど、一人で局面を変えられる個の力を持ち合わせています。
リバプールに入団してからはあまり得点に関与できてないものの、ライプツィヒ時代は主戦場をボランチとしながらも毎年公式戦で約10ゴール、アシストも5個以上は決める選手でした。
年代別のナビ・ケイタのゴール数とアシスト数を見てみましょう。
シーズン(所属チーム) 出場試合数 ゴール アシスト
2019/20(リバプール) 15 3 1
2018/19(リバプール) 33 3 1
2017/18(ライプツィヒ) 39 9 7
2016/17(ライプツィヒ) 32 8 8

ライプツィヒ時代はゴール、アシスト共に素晴らしいスタッツを残しています。リバプールに移籍してからは数字こそ減ったものの、2シーズンとも3ゴールは残しており、インサイドハーフでありながら積極的にペナルティエリア内に入っていく姿は印象的でした。

②プレミア最高峰のボランチと比較されるボール奪取能力

ナビ・ケイタはよくカンテと比較されることが多いですが、攻撃性能の高いカンテといった感じです。

ナビ・ケイタの課題

ポテンシャルは間違いなく高いナビ・ケイタですが、現状でリバプールの序列は低く、ベンチに座ったまま試合を終えることも多くなりました。まだまだクラブに欠かせない選手とは程遠いのが現状です。一つの原因として、ケガの多さが挙げられるでしょう。リバプール移籍前はあまりケガはしませんでしたが、プレミアリーグに来てからはケガが目立つようになりました。ただでさえ競争が激しいリバプールの中盤で、ケガがちであるとどうしても序列は下がってしまいます。怪我をしない体作りは必須でしょう。

また、ナビ・ケイタの最大の特徴は攻撃の万能性でしたが、今季はヘンダーソンが得点に絡む回数が増えたり、チェンバレンも台頭したりと、チームメイトの活躍も結果的にナビ・ケイタの序列が下がっている原因でしょう。これから与えられる少ないチャンスをモノにしていったら、出場機会ももっと増えるはずです。元々持っている能力は間違いなくリバプールでも上位なので、一度ハマったら大活躍を見せてくれるはずです。これからの活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。