スポクラ監修!最強のオリジナルチームを作るための情報戦略!~第5節に向けて~

川崎フロンターレがアジアチャンピオンズリーグ出場のため変則日程で5節消化して5連勝で暫定首位。名古屋グランパスも4試合全勝です。横浜FCが全敗でアビスパ福岡と湘南ベルマーレが今季初勝利を挙げています。前節についてまとめて、次節に向けて調子の良い選手を紹介します。怪我人のチェックも忘れずに。

第4節のまとめ

川崎フロンターレ、名古屋グランパスが無敗で連勝中。横浜FCとベガルタ仙台が内容、結果ともに苦しんでいます。過密日程で選手層が厚いチームがメンバーのやりくりができて余裕をもって戦えている印象で川崎フロンターレ、名古屋グランパスが安定した試合内容とターンオーバーできる余裕を見せて一歩リードといえるでしょう。

徳島ヴォルティスVSアビスパ福岡

試合開始前にアビスパ福岡はブルーノメンデス選手が怪我で出場を回避。精神的に動揺したかアビスパ福岡の試合の入り方が悪く前半戦は圧倒的にホーム徳島ヴォルティスがボールを保持してチャンスを数多く作り出し速い時間帯で先制するものの追加点を取り切れず、後半アビスパ福岡がシステム変更と風上で強引な放り込み攻撃からミスを誘発して逆転勝ちを収めています。J1で5年ぶりの勝利となります。徳島ヴォルティスはアビスパ福岡に去年から3連敗したうえでキープレーヤーの渡井選手を脳震盪で次節は欠くことが事実上決定で脳震盪からの復帰プログラムが今シーズンから適応されるので1週間は復帰は難しいでしょう。

川崎フロンターレVS柏レイソル

大雨の中開催されたこの試合は川崎フロンターレが得意のパスワークをボールの滑りが悪いピッチで出しきれず難しい試合になりますが、後半に投入された三苫薫選手の個人技から決勝点を決めて1-0勝利。柏レイソルはシステムをマッチアップさせデュエル勝負に果敢に挑み川崎フロンターレから自由を奪う勇敢な戦いぶりでゴールキーパー・キム・スンギュ選手もビッグセーブ連発で相手を苦しめましたのでポジティブな内容だったと思います。

 

 

鹿島アントラーズVSサンフレッチェ広島

前節試合中止の鹿島はホームで優位に試合を進める予定が大雨で崩れたものの、序盤から連動した素早いプレスで広島の中盤を分断し、試合を優位に進めますがカウンター攻撃から前半30分に浅野雄也選手に決められ、広島はそこから籠城作戦。ゴール前を固め逃げ切りを図ります。鹿島アントラーズが圧倒的に攻め続け荒木遼太郎選手が1点返すもその後追加点は生まれず、広島は狙い通り勝ち点1獲得。鹿島アントラーズはシュート23本、ボール保持率58%と圧倒しながら勝ちきれないもどかしい試合となりました。

第5節の予想、展望

ミッドウィーク開催の第4節は過密日程が続いていて5節も週末に控えているので前節の選手起用も見ながら、休ませる選手も想定したメンバーを選ぶことが大事だと思います。

浦和レッズVS北海道コンサドーレ札幌

北海道コンサドーレ札幌は前節はガンバ戦は新型コロナウイルスクラスターの影響で中止して1週間空いてのアウェーゲーム。浦和レッズは日曜日に試合をしてから中二日でコンディション面で圧倒的に北海道コンサドーレ札幌有利です。得意のマンツーマンハイプレスで浦和レッズのビルドアップを苦しめるでしょう。浦和レッズは杉本健勇選手にロングボールを蹴る展開が予想されるのでセカンドボール争いがゲームを左右するでしょう。

ヴィッセル神戸VS川崎フロンターレ

ヴィッセル神戸は前節名古屋グランパス相手に激闘の末敗戦しています。ビルドアップが不安定でハイプレスが得意な川崎フロンターレ相手には苦労しそうです。一方で川崎フロンターレも前節大雨の中で苦しみながら勝っているので盤石ともいえません。ヴィッセル神戸は古橋享吾選手、セルジ・サンペール選手などを前節温存していますしドウグラス選手も一発がある選手ですから川崎フロンターレを軸にマイベストイレブンを決めるかどうかは迷いますね。

名古屋グランパスVS横浜FC

名古屋グランパスは無敗で今シーズンの失点はわずか1。対する横浜FCは13失点で今シーズン全敗と対照的なチーム同士の対決。ホームの名古屋グランパスが誰が見ても有利でこのカードを軸にマイベストイレブンを決める方も多いかもしれません。横浜FCは前節ワントップに変更して、右サイドのジャーメイン良選手が得点を決めていますが、ツートップを組んできた伊藤翔選手と渡辺千真選手が途中出場。調子の良い疲れが残る選手と休ませた主力選手の使い方が勝負を分けそうです。

第5節注目選手

第5節にポイントを取りそうな選手をポジション別に選んでみたので参考にして下さい。

FWレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)

前節は出場時間25分で休養は十分です。シュート数が多い選手なので先発すれば得点の有無にかかわらず、ある程度のポイントは獲得しそうです。大久保嘉人選手に次いで得点ランク2位ですが、ポイント数がレアンドロ・ダミアン選手が平均127ポイント。大久保嘉人選手が83ポイント。高いのはレアンドロ・ダミアン選手でシュート数が違いになっていると考えられます。

MF金子拓郎(コンサドーレ札幌)

北海道コンサドーレ札幌の右ウイングバックです。開幕戦で2得点を決めていますし、ミッドフィルダーにしてはシュート数が多く、ポイント数が期待できます。浦和レッズは左サイドの守備に不安があり、金子拓郎選手を中心に北海道コンサドーレ札幌は攻撃を仕掛けていきそうです。札幌勝ちを予想するならマイベストイレブンに入れておいて損はないかと思います。

DF中谷進之介(名古屋グランパス)

無失点が続く名古屋グランパスで前節温存していた中谷選手は先発起用の可能性が高く狙い目だと思います。横浜FCはこれまで1得点しかしておらず、名古屋グランパスはこれまで1失点で失点が多い試合にはならないでしょう。あわよくばセットプレーから得点も期待できます。

 

スポクラ・ポイント一覧

FW MF DF GK
無失点(出場選手のみ) 30 40 50 50
ゴール 50 60 70 80
アシスト 30 30 40 50

残りは、ポジション関係なくポイントが入るので、まとめます!

PKゴール 30 シュート 5 勝利チーム 10
75分以上出場 30 30-75分出場 20 30分未満出場 10
イエローカード -30 レッドカード -50 PK失敗 -20

 遊ぶ上では欠かせない!怪我人、欠場選手まとめ

選んだ選手が出場しなければ賞金圏内は難しいので、出場できない選手を見逃さないことが大事です。

怪我人ー怪我名・復帰の見込み

おそらく出場不可能な怪我を抱えている選手をまとめてみました。

大島僚太(川崎フロンターレ) 腓腹筋肉離れ
登里享兵(川崎フロンターレ) 鎖骨骨折
林彰洋(FC東京) 膝前十字靭帯損傷
アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 大腿直筋近位部腱断裂
荒野拓馬(コンサドーレ札幌) 足首腓骨骨折
金崎夢生(名古屋グランパス) 前十字靭帯断裂
野村直輝(大分トリニータ) 靭帯損傷
イサック・クエンカ(ベガルタ仙台) 靭帯損傷
藤原優大(浦和レッズ) 眼底骨折

外国人ー出国遅れ調整不足など

渡井理己選手、ブルーノメンデス選手が前節怪我で出場は微妙です。怪我人続出の北海道コンサドーレ札幌からは3人程度が戦列に復帰できそうとのことです。

トーマス・デン 浦和レッズ
上田綺世 鹿島アントラーズ
永戸勝也 鹿島アントラーズ
ジェイ・ボスロイド コンサドーレ札幌
永井謙佑 FC東京
クリスティアーノ 柏レイソル
ドウグラス・オリヴェイラ コンサドーレ札幌
小柏剛 コンサドーレ札幌
チャナティップ コンサドーレ札幌
青木亮太 コンサドーレ札幌
駒井善成 コンサドーレ札幌
中野嘉大 コンサドーレ札幌
関口訓充 ベガルタ仙台
中村駿 湘南ベルマーレ
興梠慎三 浦和レッズ
西大伍 浦和レッズ
田中聡 湘南ベルマーレ
ティーラトン 横浜F・マリノス
ダンクレー セレッソ大阪
ジュニオール・サントス サンフレッチェ広島
渡井理己 徳島ヴォルティス
ブルーノ・メンデス アビスパ福岡

出場停止選手

第5節のJ1出場停止選手はいません。

まとめ

第4節の結果はいかがだったでしょうか?個人的には選出した荒木遼太郎選手、家長昭博選手が得点しましたが、永戸勝也選手が出場しないことと清水エスパルスの3バック変更を読み切れず、2人が出場しませんでした。賞金圏内だっただけにもったいない結果になりましたが、まず試合に出る選手を選ぶことが大事だと分かりました。ガンバ大阪は新型コロナクラスターで計6試合が中止で代替試合の目途も立たず、厳しい状況ですが、無事に収束して欲しいですね。