その俊足、世界トップクラス!前田大然のスピードはどれほど速いのか

50m5秒8という俊足、当たり負けないフィジカル、スキンヘッドに口ひげ(2021年1月剃ったようですが…)という、23歳とは思えない修行僧のような風貌。もともとJ2では反則のスピード、今やJリーグ全体を見渡しても「最速」と言われるレベルです。そのスピードは世界にも通用するとも言われ、あのFCバルセロナも獲得を検討したという逸材です。持ち味はなんといってもスピード。大阪で生まれ育ち、今年1月の高校サッカー選手権で全国制覇を果たしたことで有名になった山梨学院の出身です。もちろんそのころから速さには、プロからも注目されるほどでした。しかし、いわゆるエリートは呼べない経歴から雑草魂ではい上がってきた現在も急速に成長中。ポルトガル移籍から再び日本に活躍の舞台を移して、東京五輪でのブレークを狙う前田選手の魅力に迫ります。

前田大然のプロフィール

 

生年月日 1997年10月20日
国籍 日本
出身 大阪府
身長 173㎝
体重 67㎏
利き足
ポジション FW
背番号 横浜F・マリノス:38
日本代表:9
タイトル ■クラブ:松本山雅FC・J2リーグ優勝(2018年)
SNSアカウント Twitter、:https://twitter.com/m_daizen_1020
instagram:https://www.instagram.com/m_daizen0827

前田大然の経歴

憧れであった名門・山梨学院大学附属高校に進むも全国大会出場経験はない前田大然であるが。

大然は「大自然」から生まれた? 大阪から憧れの山梨学院へ幼少期・生い立ち、プロ入り前

大阪の山間の町に5人兄弟の長男として生まれると、雄大な自然のように育ってほしいと、大然(だいぜん)と名付けられたそうです。名前の通り、子どものころから山の中を駆け回って遊んだほか、低学年から体操を習ったことで体幹が鍛えられたとのこと。足は子供のころから滅法速かった。

地元の中学校から進学先に選んだのは山梨学院高校。2021年に全国制覇したことで注目を集めましたが、2010年の全国制覇の様子を見て、前田選手が憧れたというエピソードが残っています。

残念ながら前田選手の在学時には全国大会への出場はなりませんでしたが、高校時代もスピードをいかんなく発揮したことで、練習参加した松本山雅FCでも走力が認められてプロ入りを果たしました。

18歳でプロ入り、松本山雅FC

1年目はほとんど出番が得られませんでしたが、転機となったのはプロ2年目。出場機会を求めて、同じJ2の水戸ホーリーホックへとレンタル移籍します。ここで36試合出場、13得点をあげて大ブレーク。レンタル先の水戸ホーリーホックで得点能力が覚醒した。とくにチームが、前田選手のスピードを生かす戦術を取ったために、「水戸のあの反則級に速いFWは誰だ!?」と前田選手の異次元の速さは瞬く間に有名となりました。

前田選手自身も、コンスタントに試合に出続けることで自分もプロでやっていける自信が芽生えたと振り返っています。

松本山雅FC、J1昇格に大きく貢献、そして欧州へ

1年の水戸での武者修行を終えて、松本に戻るとここでも前線のスピードを生かしたプレースタイルで先発に定着します。29試合で7得点をあげ、チームのJ1昇格に大きく貢献しました。こうした活躍、圧倒的なスピードが認められて、2018年はU-21の日本代表に、さらに2019年にはコパ・アメリカに出場する五輪世代を中心とした日本代表に初選出されました。

このころFCバルセロナが前田選手の獲得に乗り出すという噂が出て、現地のスペインの新聞にも前田選手の名前が報じられます。結果的には正式なオファーには至らなかったようですが、前田選手の海外移籍に対する意志は一層高まっていきました。   

CSマリティモで信頼を掴むも新型コロナの流行始まる

2019年の夏、ポルトガル1部リーグからのオファーが届き、海外移籍を決断します。開幕戦からスタメンで出場し、ここでもスピードを生かしたプレーで周囲を驚かせていました。最初は2トップで起用されていましたが、右サイドハーフで出場した際でも裏抜けのスピードを生かしてチームに必要なプレーを意識することで重宝されていきます。3戦目からスタメンの座を手中にすると、リーグ戦前半はほぼ全試合に出場し、主力としての立場を固めたかのように思われました。

3月から6月まで新型コロナの流行によりリーグ戦は完全に中断されます。再開後もスタメンで試合していた最中に突如メンバー外という扱いを受けるようになりました。松本山雅からのレンタル期間は6月末までだったため、チームから契約延長を打診されたことに対して前田選手が消極的だったことが原因と言われています。   このままマリティモを退団した後は、欧州での移籍先を探しましたが7月に帰国の途についたのでした。  

帰国後は横浜F・マリノス

帰国後は、松本山雅FCの練習に参加して調整を続けていたところにセレッソ大阪、横浜F・マリノスからオファーが届きます。攻撃的サッカーが自分に合っているということで選んだのは横浜FMでした。彼の武器であるスピードが生かせるようにと、ポステコグルー監督は左サイドで起用します。リーグ戦ではコンスタントに23試合に出場して、3得点を記録しました。

しかしポルトガルでも過密日程が続いていたなかで長期の休みもなく日本でもまた過密日程で、見えないところで疲れが溜まっていたようでした。実際にシーズン後半になると調子を落としていたようにも見え、度重なる日程変更で11月にずれこんだACL(アジアチャンピオンズリーグ)では思ったようなプレーができませんでした。

横浜FM入団時から、海外再挑戦の希望を公言している前田選手にとってはACLの舞台で活躍を見せることを当然狙っていたはずですが、残念ながらそれはかないませんでした。2021年シーズンより、横浜FMに完全移籍をし、再度活躍と海外移籍のチャンスを掴むことを誓っています。

日本代表にも選出。真剣勝負でさらに力を磨く

2019年には日本代表に初めて選ばれました。コパ・アメリカに東京五輪世代の若手選手が多くメンバーに選ばれた際に、前田選出もそのリストに加わりました。

五輪代表としてピッチに立つには堂安律、久保建英という若さも実力もある強力なライバルに競り勝たなくてはなりません。持ち前のスピードだけで勝負するのではなく、フィニッシュの精度を高めるなどプレー面での成長が期待されています。より得点数にこだわることで、さらに相手にとって怖い選手になっていくことでしょう。

前田大然のプレースタイル・特徴

魂こもったプレーで周りを魅了するスピードスター。

最大時速36キロ。反則と呼ばれたスピードは本当に世界水準だった

水戸時代に前田選手とコンビを組んだ点取り屋の林陵平選手のTweetによれば、以前に前田選手が記録した最高速度が36.9km/hで「速すぎて笑ってしまった」と明かしています。今年5月にスペインの専門紙が掲載した、トップスピードランキングでは第1位に世界的アタッカーであるギャレス・ベイル(当時R・マドリード)の名前があり、39.9km/hとの記載があります。ちなみに快足と名高い選手の一部をあげると、エムバペ(パリ・サンジェルマン)が36.0km/h、レロイ・サネ(当時マンチェスターC)が35.0km/hなどとなっています。もちろん直接の比較はできませんが、こうしてみると自身が一流のプロである林選手が「笑ってしまった」のもうなずけます。こうした類まれな天性のスピードがある一方で、足元の技術の向上をさせることが自他ともに認める課題でもあります。

常に全力疾走!? 試合中のスプリント回数が圧倒的

一瞬のスピードが世界レベルにいるだけではなく、1試合のスプリント回数も突出していて、歴代最多記録となる53回のスプリントを記録しています。スプリント回数の記録を取り始めた2015年以降のJ1で、50回を超えたのはただ一人という記録。これは、足が速いことに加えて、けた外れの運動量を誇っているといえます。相手のDFにしてみれば、速いうえに、それを何度も何度も繰り返されるというのは疲れ果ててしまいます。一般的に短距離が得意な人は、長距離は苦手で、逆の場合もまたしかりということが多いのは筋肉の質が違うからということはよく言われます。そのなかで世界レベルに速いうえに、運動量も豊富というのはますます規格外と言えるでしょう。

泥臭く、ガッツあふれるプレーで守備でも貢献

相手DFの背後にあるスペース、裏を狙うときに、前田選手の武器であるスピードはいかんなく発揮されます。またボールをもった状態でドリブルをする際にも、スピードに乗ったドリブルは持ち味です。加えて、現在の前田選手は相手ボールを追いまわす際にもダッシュ力が発揮されています。もともと守備は好きというタイプで、相手が慌てふためく様子、ミスを誘発してボールをその場でさらって一気にゴールを奪うことが大好きという現代型のFW気質です。今年の夏から、所属している横浜FMではFWに厳しいプレスが求められます。とくに攻撃時にボールを奪われた際、再び積極的な守備を行ってボールを奪い返すプレーが重要視されますので前田選手の良さを生かせるプレースタイルになっているのです。

課題はゴール前での落ち着き、技術をさらに磨きたい

実はシーズンを通して二桁得点を記録したのは水戸時代の一度だけ。FWは点を取ることが最大の仕事であり、これだけのスピードがあることを考えると得点数は物足りなさを自分でも感じています。

俊足選手にありがちなのはスピードに頼りすぎてしまい、シュートの精度といったボールを扱う基本的な技術に欠けてしまうことです。

逆に言えば、正確さを磨けばもっと手の付けられない存在になれることでしょう。幸い横浜FMにはマルコス・ジュニオール、天野純などキックの巧い選手が多数在籍していますので、同僚から教わり、盗み取ることが近道となります。

そうした課題克服をした先には、目標とする海外再挑戦や日本代表の選出にもつながっていきます。

前田大然の今後について

オリンピック世代のマリノスの点取り屋の今後に迫る。

H3 横浜F・マリノスについて

ポルトガル、マリノスとレンタル移籍が続いていましたが、2021年シーズンに向けては横浜FMへの完全移籍が発表されました。前田選手がとくにこだわっているのはJ1リーグの戦いで結果を出すことです。チームには新たに2名のブラジル人のFWが加入するなどポジション争いは激化しています。また前田選手同様の俊足の選手が多く揃っていますので、きちんとゴールという得点をあげられるかは注目ポイントとなりそうです。

オリンピック、日本代表について

東京五輪が2020年から1年延期されたことで、本来の23歳以下という年齢制限も緩和されました。この特例措置により、今年24歳を迎える前田選手も出場資格を得たことになります。

また再三延期されている、2022年のFIFAワールドカップの出場権がかかるアジア予選も6月ごろには再開される見込みです。開幕から大暴れして、ぜひこの日本代表にも名を連ねてほしい、代表でも「韋駄天」で世界を驚かせていただくこととなりました。

移籍などの情報

前田選手自身は、再度ヨーロッパに渡ってプレーしたいということを公言しています。したがって今年から横浜FMに移籍したものの、シーズン途中でも海外移籍の希望が叶えられるような契約になっていると思われます。   移籍について 前回はポルトガルでのびのびとプレーしましたが、より自由が得られるスペインやフランスのような国が向いているかもしれません。