鹿島アントラーズの開幕フォーメーション・注目選手まとめ

鹿島アントラーズの昨シーズンは5位。18勝5分11敗で55得点44失点でした。序盤は低迷して一時降格圏まで沈んでいましたが中盤から盛り返して戦術的な進化を遂げて若返りにも成功しました。今シーズンは優勝候補の一角と言っていいでしょう。

鹿島アントラーズ2020シーズン

鹿島アントラーズのシステムは4-4-2。ゴールキーパーは沖悠哉、センターバックは町田浩樹、犬飼智也。左サイドバックに永戸勝也、右サイドバックに小泉慶、ダブルボランチはレオ・シルバ、三竿健斗、左サイドハーフは和泉竜司、右サイドハーフはアラーノ、ツートップに上田絢世、エヴェラウド。

鹿島アントラーズ伝統の4-4-2をビルドアップ時にボランチが最終ラインに降りて3バックに変更するオプションを整理してサイドバックが高い位置を取るようになったことが特徴でした。上田絢世選手、エヴェラウド選手のツートップのコンビが確立してからは得点をコンスタントに取れるようになっています。

鹿島アントラーズ2021シーズン移籍情報

2021シーズン、加入、放出、注目選手をまとめました。

加入選手

GK 早川友基 明治大
DF 林尚輝 大阪体育大
常本佳吾 明治大
MF 船橋佑 鹿島アントラーズ
小川優介 昌平高
須藤直樹 昌平高
アルトゥール・カイキ アル・シャバブ(KSA)
ディエゴ・ピトゥカ サントス(BRA)

放出選手

GK 曾ヶ端準 引退
DF 山本脩斗 湘南ベルマーレ
伊藤幸敏 ジェフ千葉
奈良竜樹 アビスパ福岡 レンタル
MF 名古新太郎 湘南ベルマーレ レンタル
FW 伊藤翔 横浜FC

注目選手

注目加入選手はアルトゥール・カイキ選手、ディエゴ・ピトゥカ選手です。カイキ選手は右サイドハーフとフォワードでプレーできて空中戦で強さを見せるワイドストライカー。ピトゥカ選手は左利きでセンターバック、ボランチ、左サイドバックをこなすユーティリティープレーヤーです。

鹿島アントラーズ2021シーズン開幕フォーメーション

開幕フォーメーションは昨シーズンから継続して4-4-2と予想します。。ゴールキーパーは沖悠哉、センターバックは町田浩樹、犬飼智也。左サイドバックに永戸勝也、右サイドバックに小泉慶。ダブルボランチはレオ・シルバ、三竿健斗、左サイドハーフは和泉竜司、右サイドハーフはアラーノ、ツートップに上田絢世、エヴェラウド。

去年から主力クラスの流出はなく、即戦力候補の補強はブラジル人選手が多く入国制限の影響を受けるので昨シーズンと開幕ではメンバーに大きな違いはないでしょう。若手選手でレギュラーに入ってきそうな選手は町田浩樹選手、沖悠哉選手、上田絢世選手、荒木遼太郎選手。高卒では須藤直輝選手の評価が高いですね。

鹿島アントラーズ2021シーズン見どころ

鹿島アントラーズは昨シーズンを世代交代と戦術的な試行錯誤をする実験的な意味合いが強い強化に利用した印象です。今シーズンはタイトルを狙いに行く体制が整っているので昨シーズン無冠に終わった悔しさを晴らすためにも結果が欲しいですね。鹿島アントラーズの2021シーズンの見どころはタイトルを取れるかどうかです。

鹿島アントラーズ2021シーズンの展望

鹿島アントラーズは2021年優勝争いに絡んでくるでしょう。昨シーズンの後半戦だけの成績では優勝争いに絡んでくる成績を出していますし主力メンバーは全員残留したうえでブラジル人選手を2人補強しているので昨シーズンの5位よりも上位でフィニッシュする可能性が高いといえます。ザーゴ監督は鹿島アントラーズの4-4-2システムからの攻守の切り替えの早いサッカーを戦術的に整備してポゼッションからの攻撃の形も作っていて2021シーズンは完成度を高めていく年になります。

まとめ

開幕戦は鹿島アントラーズはホームで清水エスパルスと対戦します。清水エスパルスのロティーナ監督はまずは守備から整えてくると思いますし簡単な試合にはならないでしょう。ただし、鹿島アントラーズは2021シーズンは優勝を狙うことができるシーズンとなるので勝たなければいけない相手といえます。常勝軍団鹿島アントラーズ復活の準備は整いました。