ガンバ大阪の開幕フォーメーション・注目選手まとめ

ガンバ大阪は1980年(昭和55年)創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年(平成5年)のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ(オリジナル10)の一つで歴代獲得タイトル数は鹿島アントラーズに次いで2位。Jリーグでは累計3回優勝を誇り今シーズンは4回目の優勝を狙うシーズンに位置付けられていますが、2014年以降優勝から遠ざかっていて、昨シーズンの2位も得失点差で見ると中位でもおかしくない成績でした。

ガンバ大阪2020シーズン

昨シーズンのフォーメーションは4-4-2が18試合と3-5-2が15試合となっています。

ゴールキーパーに東口順昭。センターバックはキムヨングォンと三浦弦太、左サイドバックに藤春廣輝、右に高尾瑠、ボランチに井手口陽介、山本悠樹、右サイドハーフは小野瀬康介、左に倉田秋、ツートップにパトリックと宇佐美貴史。

 

昨シーズンのガンバ大阪はシステムを使い分けて調子の良い選手を起用して戦術的には良く言えばオーソドックスで悪く言えば最低限の約束事以外は整備出来ていないともいえるでしょう。そのサッカーで2位になれたのは選手個人の質の高さが要因です。

長年の課題だった遠藤保仁選手の後継者が居ない問題は山本悠樹選手の台頭により解決され、後半戦は遠藤保仁選手はジュビロ磐田にレンタル移籍で放出されています。

ガンバ大阪2021シーズン移籍情報

2021シーズン、加入、放出、注目選手をまとめました。

加入選手

GK 林瑞輝 レノファ山口
DF 佐藤瑶大 明治大
MF チュ・セジュン FCソウル(KOR)
FW 一美和成 横浜FC

放出選手

GK 猿田遥己 柏レイソル
イ・ユノ ベガルタ仙台
DF 山口竜弥 東京ヴェルルディ
松田陸 ツエーゲン金沢
タビナスジェファーソン 川崎フロンターレ
新里亮 ジュビロ磐田
MF 柴本蓮 SC相模原 レンタル
FW アデミウソン
渡邉千真 横浜FC
高木大輔 レノファ山口

注目選手

注目加入選手は何といっても韓国代表のボランチのチュセジョン選手。2018年ロシアワールドカップでドイツ代表相手にアシストを記録していてセットプレーもかなり強力なキッカーでロングフィードに定評があります。アンカーポジションで起用できるので4-3-3システムがオプションとして使えるようになることもチームにとって大きな補強といえます。

ガンバ大阪2021シーズン開幕フォーメーション

開幕フォーメーションの予想は4-3-3。

ゴールキーパーに東口順昭。センターバックはキムヨングォンと三浦弦太、左サイドバックに藤春廣輝、右に高尾瑠。アンカーにチュ・セジョン、インサイドハーフに井手口陽介、山本悠樹、左ウイングに宇佐美貴史、右ウイングに小野瀬康介、センターフォワードに一美和成。

ガンバ大阪は昨シーズン唯一4-3-3を使用したのが開幕戦でした。宮本監督の理想には4-3-3が頭にありますが、リアリストなので選手に合わないシステムは使わずシンプルに4-4-2で結果をだしましたが、今シーズンは4-3-3に適した選手の補強に成功しているので再チャレンジすると予想しました。

注目選手は宇佐美貴史選手。インサイドハーフでも起用可能ですが、左ウイングで起用するなら中央に入り込んで点を取れる仕組みを作らないと良さが活きない選手です。

そこで期待される若手選手が一美和成選手。ポストプレーヤーでセンターバックを引きつけることができるので宇佐美貴史選手の進入スペースを作り出すことができます。

ガンバ大阪2021シーズン見どころ

まだ移籍市場が開いていて外国人選手の補強はあると思いますがアジアチャンピオンズリーグと並行してリーグ戦を戦う戦力を揃えることができたかは疑問が残ります。

外国人枠はあと1枠で埋まるので、大きな戦力アップは期待できず選手のやりくりは苦労しそうです。昌子源選手や小野裕二選手のような怪我で昨シーズン稼働できなかった選手の復帰で戦力を上積みしたいところ。

また、攻撃の切り札としてガンバU-23で通算18得点を記録している18歳唐山翔自選手の覚醒に期待したいです。

ガンバ大阪2021シーズンの展望

客観的に見てアジアチャンピオンズリーグとリーグ戦タイトルをどちらも獲りに行く実力も余裕も無さそうなので、アジアチャンピオンズリーグは若手育成と割り切るのかシーズンを通して優先順位をつけなければ降格争いも十分あり得るチームだと思います。

今シーズンは相手チームとの兼ね合いだけではなく自チームの戦術的な完成度を高めないと優勝争いは難しいです。宮本監督の手腕の見せどころで就任4年目なので言い訳はもうできず、監督の力量を見定めるシーズンになると思います。

個人的にはカリスマ性があり、調整能力に優れていると思うので、優秀な外国人監督の下でコーチとして戦術的なチーム構築について学んでみて欲しいです。

まとめ

開幕戦はアウェーでヴィッセル神戸と対戦します。関西のライバルクラブで相性は良い相手ですから勝ち点3を取って勢いに乗りたいですね。

ガンバ大阪が昨シーズンはできすぎで2位に入った事によってアジアチャンピオンズリーグに出場する準備も実力も足りておらず、下手に両方に100%の力を入れると降格しかねないシーズンになると思います。優秀な若手選手がいるので任せて主力組を休ませるのも勇気がいりますが必要な判断かなという気がします。